アオヤマ日記

男子大学生がTwitterでは伝えきれないこと、ふと心に浮かんだことなどをゆる~く書いていこうと思います。

暇だから故郷についてつづる。「ジャガイモの上澄み液②」

ジャガイモはデンプンでできている。

そして、そのデンプンは寒天培地の材料となる。

 

僕は家の台所に眠っているジャガイモを部室に持っていった。そして、僕と愉快な仲間たちは、部室のあったメスでジャガイモをサイコロ状に切り、洗濯ネットに入れて、ガスバーナーで沸騰させたビーカーのお湯の中に入れる。意外と、ガスバーナーの火というものは威力が弱く、ビーカーの水を沸騰させるまでに20分以上はかかる。その時間は、無論、人生を秒単位で生きている我々にといって大変不毛な時間であった。

ジャガイモを熱湯に入れてしばらくすると、柔らかくなったジャガイモからジャガイモエキスが抽出される。十分に、エキスが抽出されたと思ったら、ジャガイモ入り洗濯ネットを取り出す。

次に、薬局で買ってきたゼラチンをジャガイモエキス水に加える。これで、寒天培地はほとんど完成したに近い。

あとは、シャーレにジャガイモエキス水を移して、冷やして寒天培地にするだけである。

ここで忘れてはいけないのが、無菌室の存在である。

部室という汚染された環境では、我々が精製した聖なるジャガイモエキス水に不純物(微生物など)が入り、寒天培地自体が汚染されてしまう。それを防ぐために我々は、透明なゴミ袋と、部室にあったドーム型の園芸用品で見事無菌室を作り出した。ドームはガスバーナーで沸騰させた蒸気で満たされているため、無菌室に近い状態である。

無菌室でジャガイモエキス水をシャーレに移し替え、蓋をし、あとは固まるまで待つ。こうして、カビを培養する寒天培地が完成したのである。

 

我々が素晴らしいのは、この過程を何のレシピも見ずに、自分たちの発想だけで生み出したところである。

 

さて、問題なのは、寒天培地ではなく、残ってしまったジャガイモエキスである。我々はあまりにも多くのジャガイモエキスを精製してしまったために、大量のエキス水が余ってしまった。ちょうど、部室にエキス水を保存するのにちょうど良い巨大ビーカーがあったので、そのなかに余ったジャガイモエキス水を入れ、顧問の使っている冷蔵庫に勝手に保存した。

僕たちの2年半はこれで終わった。

ペニシリンなどできるはずもなく、ただ、寒天培地を作り出し、カビを生やして高校生活を終えたのである。

後日、部活引退の日、顧問と後輩に挨拶するべく、我々は部室へと向かった。途中で、誰かが冷蔵庫のジャガイモエキス水の存在を思い出したので、挨拶のついでに皆で冷蔵庫を開けてみた。

冷蔵庫の底からは、夏場に7日間履き続けた靴下のような異様な香りが漂ってきた。

僕たちは、静かにそのパンドラの冷蔵庫を閉じ、部室を後にした。

さらば、青春。さらば、ジャガイモ。

大量のジャガイモエキスの行方は誰も知らない。