アオヤマ日記

男子大学生がTwitterでは伝えきれないこと、ふと心に浮かんだことなどをゆる~く書いていこうと思います。

暇だから故郷についてつづる。「眠たいのに眠りたくない夜」

眠たいのに眠りたくない夜がある。眠たい時は勉強もしたくないし、ゲームもしたくない。本を開いても、気がつくと、本の内容とは違うことを考えて文字だけを目で追っている。

そんな夜は家を出て夜の街を散歩してみたいのだが、眠気が邪魔して、うまく体が動かない気がする。

リビングでは、犬がボールで遊んでおり、酒を飲んだ父と母はいつも通り支離滅裂な会話をしている。

中学生の時に、毎晩のように眠れなくなったことがある。家族が寝静まった後も、自分の部屋で何度も寝返りを打ったり、真っ暗闇で天井を見つめていた。その当時は、不眠症かもしれないと不安を感じていたが、よくよく考えてみると、学校から帰ってきて、夕方から夜にかけ2時間くらい寝てしまっていたことが原因だった。

高校生になると、毎日が睡眠との葛藤の生活に変化していった。学校の宿題、試験勉強、受験勉強をかぎられた時間で、しかも眠気の中でやらなければならないのは酷だった。

大学生になり、たくさん眠るようになった。眠たいのに眠りたくないという現象は、大学生になった後に始まったように思える。いつでも好きな時に眠れるから、そういう風に思えるのだろう。今も文章を書きながら、今日は何時に寝ようか考えている。僕は寝る時間を好きに決められる。贅沢な選択肢だ。誰かが大学生は人生の夏休みと言っていた気がする。夏休みに何に取り組もうが個人の自由だが、周囲の人間と同じようなことはしたくないという、頑固な自己意識を抱えつつ、今日も世間的に見て普通の生活を送ってしまっている。

頑固な自己意識といえば、僕は髪の毛を染めたら己の人生の敗北だと自分に言い聞かせている。高校卒業と同時に大体の人は髪の色を変える文化が日本にはある。僕にはそれができなかった。周囲に合わせることが、自分の存在価値を消してしまうような気がしてならなかった。一方で、周囲と変わったことをすることに趣があると思ってしまっている自分もいる。いわゆる、自分は、周囲に変わっている人間として認められたい、承認欲求の強い人間のひとりなんだと思う。

人間は自分が存在できる場所を探して、その場所にあった自分を形成する。僕は自分のことを変人だと思うし、また、周囲の人のことも変人だと思っている。

みんな少しづつ変人である。

さすがにこの辺りで書いていて恥ずかしくなってきたので、今日はもう少し本を読んで、寝ようかと思う。