アオヤマ日記

男子大学生がTwitterでは伝えきれないこと、ふと心に浮かんだことなどをゆる~く書いていこうと思います。

目標を持つということは生きる源

こんにちは。

 

アオヤマです。

 

11月に入り、今年もいよいよ2ヶ月だなという感じがします。

 

最近、1週間が経つのがあっという間で

びっくりしています。

 

そんな中でも、世の中はどんどん変化している。

 

一方、ぼくの変化はというと「冷え症」になったくらいですかね。

 

歳をとりました。

 

 

1.大学1年生前期のぼく

 

やっとのことで、大学生になったぼくは

明確な目標を持たないまま、ただただ前期(4〜7月)を過ごしていました。

 

その日々は、なんとも内容が薄い日々でした。

たしかに、大学生になって楽しい。やっと遊べてうれしい。

 

そういう思いはありました。

 

しかし、「学ぶこと」からどこか逃げている自分がいたと思います。

 

「精神的に向上心がない者は、バカだ。」

 

夏目漱石の小説『こころ』の中にこのような

一節あります。

 

その言葉と大学1年生の前期のぼくを照らし合わせたら、たしかにぼくは「バカ」でした。

 

2.大学1年生後期

 

9月に入り、大学でも後期授業が始まりました。

 

ぼくは、前期のままだとこのまま自分は

精神的に悪い方向へと流されていくと感じ、行動を改めることにしました。

 

そんな時にまず始めたのが

 

『目標を持つこと』

 

です。

 

『目標』を持つことによって、世界の見方がガラッと変わりました。

 

3.大学1年生のぼくの目標

 

・来年に英検1級を取る

・12月までに、計800ページほどある、教科書を一通り目を通す

・日記を毎日書く

・毎日情報を発信or受信していく

・ブログを続ける

 

4.目標を持つ前と後で変わったこと

 

目標を持って変わったことは、

 

・学問に対して積極的になった

・毎日が活き活きとしている

・先を見据える力を養えている

・100分の授業が嫌じゃなくなった

 

です。

 

前期は、授業がめんどくさくて大嫌いでした。

 

それが、目標を持つことによって、一見無駄そうなことに見えていたことも

「何かを学び取るチャンス」だと感じられるようになりました。

 

また、とにかく

『やるべきことは早めにこなす』

 

『宿題もテスト勉強も毎日持続する』

 

『未来に出されるであろう課題を予想して、

手をつける』

 

これらのことを意識して生活することで、

メリットがあることに気づきました。

 

5.やるべきことをすぐに終わらせるメリット

 

早めに仕事・宿題をこなすと、未来に時間を持つことができる。

 

それによって作り出した時間を使い、

『プラスαのことを学ぶ』or

『自分のスキルアップに使う』or

『趣味などに使える』

 

などなど。

 

たくさんのメリットがあります。

 

目標を持つことは、自分の生活の質を高めることにもつながるような気がします。

 

 

6.最後に

 

大学生の間は、人生の中で1番時間がある

期間だと思います。

 

しかし、決められた時間の中で出来ることは

限られています。

 

『大学生は人生の夏休み』という名言が

ありますが、

その『夏休み期間』で人から、本から、

そして社会から、

たくさんのことを学び取ればもっともっと

自分の可能性はひらけてくる。

 

そんなことを思っている

今日この頃であります。

 

歳をとりました。

 

今回も最後まで読んでくださったみなさん、

ありがとうございました。